「僕たち二人に勝てると思っているの?」


すぐ楽になるさ。僕のことも忘れるけれどね


優しく頭を撫でる手より
今は私の生命を左右するその腕を、なにより離したくないと思った





inserted by FC2 system